スノーボード ハープパイプ男子決勝


ハーフパイプの決勝戦

金メダル争いで、平野歩夢と、米国のショーンホワイトが

競技していました。

どちらも、過去大ケガをしていて

平野は、靭帯損傷、内臓も痛め、後、数センチずれてたら、命が危なかった大ケガ

そして、米国のショーホワイトも、60針を縫う大ケガ

2人とも、大ケガというトラウマの過去を背負いながら

立ち向かい、挑戦している姿にどちらにも感動してしまいました!

再度挑戦するとき、どれだけの勇気や、パワーがあったのだろうと。

恐れや不安もきっとあったかもしれないけど、それ以上に、挑戦したい気持ちだったり、掻き立てられるものがあったからなのかもしれない

そして、過去よりも前に意識を持って。


結果は、平野が銀でした

きっと悔しい気持ちもあるかもしれないけど、その気持ちがあるのは、まだまだチャレンジをして、超える可能性があるからこそ

なのかなぁ~と

終わったあとのコメントでは、

悔しいのもあるけど、全ての人に感謝しかない!と話していました!

今後がまた楽しみです!

オリンピックを見ていつも思うのは、みな、そこにたどり着くまでのプロセスがあり

技術力はもちろんですが、それに伴う精神力、メンタルなところも注目されるところかなと、いろいろと感じます!

気持ち、やる覚悟、意思、信じる心や楽しむ気持ち、平常心、そして、感謝の心

全てのことにつながることですね。きっと。

本当にいつもオリンピックを見ると、ドラマを感じ、強さを感じ、感動してしまいます!


私の好きな言葉は、挑戦して、成功しても失敗しても、そこには、前進がある!

そこも、成功したとか、失敗したというのも、自分がどうとらえて、判断してるのかになるかなと…

全ての出来事をそこでどう受け止めるのは、

自分の心次第ですね。

そして、ブルースリーの有名な言葉

Don’t think、feel! 考えるな!感じろ!

時々、考えすぎてしまうときもあるので

そこ、いい聞かせてます~(*^_^*)


また、感じたこと、書きます~!

                      

                  Mari